2015年11月6日金曜日

【タタールスタン観光】便利なカザンの公共交通機関

住んでいると、カザンは公共交通機関が便利な街だと感じる。この記事では、そんなカザンの便利な公共交通機関を紹介していきたいと思う。

市内交通
市内交通はバス・トロリーバス・トラム・メトロの四つ。運賃は一律で現金25ルーブル、交通カード23ルーブル。車内アナウンスは基本的にロシア語・タタール語・英語の三言語。

①バス Автобус
一番使う機会が多いのがバスだろう。車体は赤。多くの系統があるため、乗り継げば街のあらゆるところに行くことができる。

運賃は現金の場合、車掌に払い、切符をもらう。交通カードの場合は車掌が専用の機械でタッチする。

街の主要部を通っているバスは、朝晩のラッシュ時は大変混み合う。






②トロリーバス Троллейбус

電線から電力を得て走る。車体は緑のものが多い。バスに比べてスピードは遅いが、その分運転が穏やかで車内の空気がきれいなので、快適性はこちらが勝る。たまに脱線して止まることがある。運賃のシステムはバスと同じ。










③トラム Трамвай

路面電車。車体は赤。市内に6路線ある。主に街の外周を走っている。運賃のシステムはバスと同じ。












④メトロ Метро

地下鉄。2005年に一部開通し、現在一路線10駅。運賃は、現金の場合は窓口でお金を払い、受け取ったコインを改札に入れる。交通カードの場合は改札にタッチする。荷物検査あり。


駅の入口。モスクワやサンクトペテルブルクの地下鉄に比べるとかなり浅いところを走っているので階段やエスカレーターは短い。













長距離交通
①飛行機

カザン市中心部から南に約20キロのところにカザン国際空港がある。国内線だけでなく、国際線も就航している。

東京からの直行便はないので、最短はモスクワ乗り継ぎ。遠回りだが、イスタンブールやヘルシンキで乗り継ぐルートも使われる。

カザン国際空港ターミナル1Aは、2013年のユニバーシアード大会前に完成した新しいターミナル。

カザン中心部へは鉄道・バス・タクシーでアクセスできる。










②鉄道

カザン鉄道駅から鉄道でモスクワやサンクトペテルブルク、エカテリンブルクなど国内諸都市へ行くことができる。

飛行機に比べ時間がかかるが、料金は安い。

モスクワまでは片道13時間。夜出発し、朝に到着する。

現在、モスクワ―カザン間に高速鉄道を建設中。





アルスク行の列車。















③長距離バス
市内には何箇所か長距離路線のバスターミナルがあり、国内諸都市への便が発着している。

隣のバシコルトスタン共和国の首都ウファへはマイクロバスで片道8時間。










④船

船はヴォルガ川が凍結していない期間のみ利用できる。ボルガルやスヴィヤシスクなど、川沿いの観光地へ行くのに便利だ。

河川港のターミナルでは荷物検査の後、窓口で切符を買う。











切符を買ったらのりばへ行く。











タタールスタン南部のボルガルからカザンに向かう船。














ブログランキングに参加中です。
どちらかのバナーをクリックして、私たちの応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵なロシア・中央アジア情報にも出会えるかも?

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿